e-浮気調査価格ガイド
ホームボタン

離婚も辞さないつもりで、たくさんの慰謝料を取

離婚も辞さないつもりで、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。その場合でも、自分だけで乗り込むというのは揉める元なので、止めておきましょう。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、感情的になり事件を起こすことが避けられます。



信頼できる人が同行できないときは、探偵等に依頼すると良いです。



どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、普通は3〜4日が目安です。


最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあることも覚悟してください。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査員に伝えられていた場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。


興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、変わりはほとんど無いと言っても良いでしょう。共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、違いのない仕事です。
ただ、差があるとしたら、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。
不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談するのがオススメです。



離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。

それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談するようにしてください。

相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にいけません。 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら買うことは可能です。追跡グッズは、GPS端末を一般に用いるというケースがほとんどですが、誰でもネットなどで購入が可能です。

車に載せてあるGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。パートナーの浮気リサーチを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を事前に話し合います。

1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査を行った期間が長期にわたれば高額の調査費が必要になってしまうでしょう。


興信所などによって、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。
GPSが繋がるものを使って、良く通っている地域の情報を得て、その近所をウロウロしていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、浮気の証拠をつかむことができると思われます。
費用のご準備が十分ではないときには、地図情報システムで調査するのも、ひとつの方法ではあります。位置がわかる機械が仕込まれていることが知られてしまう事があります。領収書やクレジットカードから浮気のことがわかるものをつかむ事もあります。

いつもなら立ち寄らないような毎回、コンビニのレシートを視界に入ることが多くなったら、その近辺に普段から何回も行っている事になります。そこで逃さず見ていると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。


自ら動くより、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。

経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。

自分で手を尽くして調べてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。


だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実を認めようとしなかったら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。


浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調べる時間が少なくて済むので、それだけ調査費用が節約できるわけです。


だからといって、浮気の日時を知っているにしても、顔見知りにいって証拠を撮ってきてもらうにしても、骨折り損になることは確実です。
勘づかれないように写真を撮りたいときはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。

貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気

貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を請求する場合には、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を手に入れなければ駄目です。もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、疑いようもなく誰にも認められる証拠を貴方に届けてくれますし、適切な形で裁判にでも通用するように、用意してくれるでしょう。

浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。でも、探偵へ依頼すると高額なので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。

探偵に浮気調査を頼んだとしたら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所それぞれで価格はそれぞれ異なるので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。
食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートにはご飯を一緒に食べた人の数が書いてある事があるので、浮気をしていたと判断する材料になります。あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに点検するようにします。


仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、同伴者がいたと推測される場合があるでしょう。
結婚相手の浮気調査を委託する場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、追加の料金設定がなされていないような探偵事務所が望まれます。そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか事前調査が必要です。違法に調査を実施している業者へは依頼しないように気を付けましょう。探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればそれで終わりとは言えません。浮気を調査していると、トラブルが発生する可能性があります。
そんな状況になった時に、依頼者の立場を一番最初に考えてくれる探偵が信用できる探偵ということです。信頼できる探偵かを確認するのには、相談した時の対応などで落ち着いて決めてください。
法律的に、結婚している男女が配偶者以外の異性と故意に性的関係になることを不倫と定義しています。

ということは、法律の中では、肉体関係を持っていない場合には、普通のデートをしたとしても、浮気とはいえません。個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。

着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、浮気の恐れがあります。浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。突如、年よりも若めの色柄の格好選択するようになってきたら、かなり浮気の恐れがあります。その中でも特に、趣味の良い下着をはくようになってきたら、浮気の可能性もかなり高いです。相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚しないままの方が良いこともあります。

子供がいるご夫婦の場合は特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。



男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。
日頃、相手の行動の様子をよく見ておくことは自分ひとりでも可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を入手するためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方がトラブルなく、確実に結果が得られます。

そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。

どのような服装か確認することで浮気の裏付けをすることもできます。



浮気をしているときに、分かりやすく現れるのは着る洋服の違いです。以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然、服装にこだわりができたら慎重に見ておく必要があるでしょう。

いつか浮気しそうな人や、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 e-浮気調査価格ガイド All Rights Reserved.